Snow Leopardでも動きます!

Posted on August 31st, 2009 in ニュース, 特性 | 2 Comments »

 既にTwitterで無事作動のご報告を何件もいただきましたが、今日チームがMac OS X Snow Leopardでテストを済ませました。

snowleopard

 ちなみに、XMindはクロスプラットフォームなので、今の段階Windows7でもきちんと動きます。

日本語の入力

Posted on August 20th, 2009 in 特性 | 5 Comments »

 XMind3.0は多国言語対応が特徴の一つです。バージョン3.1より、メニュー(インターフェース)は英語、ドイツ語、日本語、中国語(繁体)と中国語(簡体)などで表示できます。言うまでもなく、メニューの表示言語と違う言語の入力・表示は特に問題はありません。これもグローバル時代の共同作業を念頭に置かれたからです。

 ところが、一部のMacOSとLinuxのユーザから、日本語を入力する時、以下のように最初の一文字だけは落ちるという報告がありました。>>ユーザブログ

input

 これを改善するために、入力する前に、「F2」か「スペース」を押して、IME・ことえりなど入力システムの文字編集モードをONしておくと、最初のアルファベットの落ちることはなくなるでしょう。デフォールト状態の下で、文字編集モードは閉まっているので、最初のアルファベットは日本語として認識されていないからでしょうか。ちなみに、同じような不具合は、日本語だけではなく、中国語や韓国語の場合も起こるわけです。

<TIPS>メニュー言語を変更するには
 XMindメニューの言語はご利用のOS環境にしたがって、自動的に選択されるのです。OSの言語と違う言語に変更するには、以下書いたように設定してください。

1.ローカルフォルダーに位置するxmind.iniファイルを開きます。
Windowsでは「C:\Program Files\XMind」で、
MacOSでは「Contents/Resources/XMind/Show Package Contents/Contents/MacOS」の中にあります。
2.冒頭に
  -nl
  en_US
との二行を足して、保存し、XMindを再起動する際は英語のメニューになります。

nl

3.「en_US」は言語コントロールコードとすれば、他の四つの言語コントロールコードは
  日本語     ja
  ドイツ語    de
  中国語(繁体) zh_CN
  中国語(簡体) zh_TW