XMindをダウンロードする前に、まずは(無料)IDを取得して、サインインはお勧めです。現在、IDを持っていなくても、SourceForge.netからもダウンロードが出来ますが、全機能を利用することができないので、やはりサインインする必要です。会員制とは言えますが、会員に対して特に義務なんかは要求していません。

 では、XMind IDの目的は何ですか。一言で言えば、ユーザー身分を確認するための存在でしょう。ユーザー機能の面から言うと、主に以下の二点が挙げられます。

 まず、サインインすると、オンラインのデーター共有機能であるXMind-Shareが利用できます。XMindとは、デスクトップのソフトウェアだけではなく、ウェブサービスも含められています。もしご使用中は、ネットに接続していれば、ワンクリックで作成したマップをXMind-Shareにアップロードできます。アップしたマップはすべて「My Account」という個人スペースページで見られるのです。他人が公開したマップをお気に入り追加することも出来ます。

 次は、ユーザー権限を区別することです。Proへアップグレードする際に、IDのPro権限の認証も不可欠です。XMind Proというソフトウェアはどのパソコンにてもインストールできますが、ProのIDがなければProの機能は利用できなく、そして、もし将来権限が切れてしまったら、Proも使えなくなるという仕組みです。
 逆に言えば、ProのIDさえあれば、どこでもXMind Proが利用できるのです。現在、多くのソフトウェアはSN認証を行っていますが、普通同じSNコードは仕事場と家と二台のパソコンしかインストールできないでしょうか。ところが、XMind Proは何台でもインストールできて、肝心なのはIDによる認証です。ために友人のところに行っても大丈夫です。

 さらに、XMind PortableをUSBで持ち運ぶと、出張先のパソコンにUSBを挿すだけで、いつものように利用できます。

 こうして、XMindはIDを通して、ユーザーにもっと大きな自由を与えたいと考えています。

XMind ID新規取得の手順
 1.XMind公式サイトの右上、また底部のリンクからサインアップページを開けます。
signup02

signup01

 直接にDownloadページに行って、Downloadボタンをクリックしたら、サインイン/サインアップも提示されるのです。
signup03

 2.お気に入りの名前・ニックネームでIDを作成できます。(6文字以上、既に存在する他人のIDと衝突しない限りに)
signup05

 3.ご案内するように入れて、確認した上、「SignUp」ボタンを押せばOKです。これで、もう一度HPに戻って、サインインすることができます。

 4.XMindサイトは、JavaScripで作成されているので、ウェブブラウザーFireFox、SafariとChromeがお勧めです。IE 8をご利用される方は、サインアップ・サインインがうまく行けない場合は、IE8ツールバーで「ツール>互換ビュー」を使ってHPをご訪問ください。