Archive for June, 2017:

プロジェクトの実行効率をより一層!XMindを使ってみましょう!

Posted on June 28th, 2017 in Uncategorized | No Comments »

今頃、ビジネス環境がだんだん複雑になり、プロジェクトの推進もますます難しくなりました。マネージャーたちは、山積みの仕事を対応している一方で、多数のポロジェクトの締め切りにも迫られています。

本当は大変です。

翔太はこの苦境に陥った唯一の人ではありません。

マネージャーたちにとって、プロジェクト計画の提出、プランの推進、進捗の確認、予算の管理など日常タスクには既に大部時間かかり、チームメンバーとの効率的なコミュニケーションも要求されます。同時に多数のタスクを処理するために、プロジェクト管理ための優れたツールを利用するニーズも現れました。

それで、XMindの登場が助けになりました。

すべてのプロジェクトが一目瞭然

多くの場合、ポロジェクトマネージャーたちにとって、ポロジェクトの実行期間は短く、同時並行で物事を進めなければならなく、多くの関係者をコントロールしなければならないということもあります。しかも、関係者それぞれが、自分の置かれた立場で物事を判断し要求してくることもあります。

複数なプロジェクトを同時に管理している翔太のようなプロジェクトマネージャーたちには、プロジェクトダッシュボードが最適なテンプレートです。 すべてのタスクが1つのマインドマップに表示され、一目ですべてのプロジェクトとタスクを明確に把握できます。

プロジェクトを管理する

XMindは、ポロジェクトの可視化に最適なソフトツールです。ポロジェクトをマネージするときは、多数のタスクを同時に管理することが要求され、XMindのような優れたツールを使用すると、必要な情報を気軽に手に入れます。空白のマップをひとクリックで作成でき、関連情報をマップに書き留めて、ポロジェクトのあらすじも一目瞭然です。

XMindのタスク画面には:

当タスクの担当者を入力します

当タスクの優先度を設置します

当タスクの開始時間と終了時間を設置します

当タスクの処理時間を選択します

当タスクの進捗状況を選択します

当タスクの先行タスクを選択します

ガントチャート

XMind では、開始/終了日、担当者、優先度、進捗、マイルストーン、タスクの依存関係を含むタスク情報をガントチャートビューで直接追加、変更、表示することができます。

ツールバーにある「ガントチャート」ボタンを押すと、ガンとモードに入ります。左側はガントチャートビュー、ここにタスクの入力、編集、メモ追加などの操作も可能になります。右側で各タスクの開始時間と終了時間をマウスでドラッグでき、各タスクの関連も線で結べます。

ガントチャートをプリントする

情報交換を順調に展開するために、ガントチャートをエクスポートして、チームメンバーに配布しましょう!

XMindはガントチャートをPDFファイル、MSプロジェクト、画像にエクスポートできます。

プレゼンテーションモード、効率をより一層!

XMind は非常に強力なプレゼンテーション機能を備えています。 ウォークスルー プレゼンテーションモードでは、トピックごとに表示してアイデアをプレゼンします。背景色を暗くすることで個々のトピックが浮かび上がり、内容に集中しやすくなります!

XMindを使って!ビジネスプランを作りましょう!

Posted on June 28th, 2017 in 用例 | No Comments »

ビジネスプランの大切さ!

会社のビジネスプランは、VC向け作れられたものだけじゃなく、会社の一般的な社員たちも分かる必要があります。しかし現状は、多くのスタートアップは、チームメンバーまでこの会社のストーリーをきちんと伝えることができません。

この問題に加え、会社のビジネスストーリーに対して、チームメンバーがそれぞれの考え方を持ち、コミュニケーションにも問題が生じやすいです。こういう状況を防止するために、Appleのような企業文化か明確なブジネスプランを雇員の一般的な入職教育内容として強化する必要があります。

それにもビジネスプランのやりがいがあります。ビジネスプランは、チームメンバーそれぞれの仕事内容を明確し、企業/プロジェクトに対する各決定の利益または損失をすべて知ることができます。

ビジネスプランの作り方

ビジネスプランは、チーム目標達成のために作られたもので、あまりにも複雑にする必要がありません。ビジネスプランを作る前に、いくつかの問題を熟考しましょう!

*製品の特性と機能

*カスタマー定位とターゲット市場

*目標とマイルストーン

*チャンネル(市場に製品をもたらすための戦略)

*収益モデル

*キャピタルニーズ

考えれば考えるほど、多数の問題も涌いてきます。では、簡単な方法はありませんか?

XMindのビジネステンプレートを使用します!

XMindはビジネステンプレートを提供し、気軽にマイルストーンを作成することができます。以下の手順で作成してください。

X会社は新しい製品を宣伝するために、新しいプロジェクトを取り組んでいます。

まず、XMindのブレインストーミングモードを利用して、X会社は新製品のコンセプトを構築します。

そして、明確なビジョンを提出する前に、ユーザーリサーチと社内検討も進めました。明確なビジョンとターゲット市場の上で、タイムラインにマイルストーン·ポイントをマークすることができます。Ctrl+ Bを押すと、境界効果をトッピングに追加できます。

XMindのビジネステンプレートのガイドラインに従い、ビジネスプランの作成を楽しむことができます。そして、プランの作成はチームワークであることも忘れず、同僚たちと意思疎通して、ちゃんと検討した後、創造的なアイデアと優れたビジネスプランも自然に出てくるのでしょう。XMindのシェア機能を利用して同僚たちと協力しましょう!

ビジネスプランを実行しましょう!

初版の下書きを完成した後も、改善する余地がありますが、いくつかの要素が不可欠です。例えば、必要なポイントとインフォメーション、当段階の問題にフォーカスするために、月次ベースに以下の問題を考えましょう!

*チームメンバーたちは、このプランに沿って働いていますか?

*そうでない場合は、プランが実行されないとする理由は何ですか?そして、問題を解決ために何が必要ですか?

*どのような目標を達成しましたか?

*目下の現状を考えると、プランと戦略を変更する必要がありますか?

*目下の現状で、このプランは会社のニーズに対処しますか?

このプランをちゃんと実行すると、プロジェクトの進展も順調になれるでしょう。あなたのビジネスプランもうまくいきますよう!

問題解決ための5ステップ!XMindマインドマップ対策!

Posted on June 28th, 2017 in 用例 | No Comments »

魚骨図(フィシュボーン図)とは、職場での問題が発生した場合、取り上げた問題点に対してその原因を全員で提起し視覚的にまとめ、潜在的な問題を見つけるための手法として広く応用される図表の一つである。

この記事は、魚骨図とは何かという基本から実際の作成法、そして魚骨図を作成できるXMindの操作をご紹介します。

1、問題の定義

「特性」とは現在見えている結果のことを指し、要因とはその結果をもたらすのに影響を与えた要素のことです。魚骨図は、結果である「特性」がどのようにしてもたらされたかを図式化して、そこに潜んでいる問題点をあぶり出すのに用いられる手法のことです。

2、問題の原因をあぶり出す

実際に図式化された「特性」要因図を見ると、魚の骨を構成する 4 つの要素が見て取れます。これらは魚の骨になぞらえて、背骨、大骨、小骨などと呼ばれています。

右側にある「特性」から一直線に伸びている最も太い骨が、解決したいテーマから引かれた背骨です。この背骨に対してさまざまな要因が関連付けられていきます。

「特性」に対して、まずはすぐに思いつく要因を大骨に書き出していきます。大骨として書き出した要因に対して、それをさらに分解していくと個々の小さな要因が出てきます。こうした小さな要因は小骨として、大骨に関連付けていきます。

上記の小骨をさらに細分化、ミクロの視点で考察してみて浮かび上がったものを孫骨として書き入れていきます。

3、潜在的な要因を書き留め

問題の原因を考えるときに、個々の小さな要因を逃さずに、XMindのブレインストーミングモードを利用しましょう!

ブレインストーミングモードはアイデアの収集、チームの創造性を高める役割を担っています。魚骨図で問題の原因を分析するときも使用できます。可能な要因をグループ別に書き留め、右にあるキャンバスにドラッグして魚骨図の内容を充実させます。

4、魚骨図を利用するメリット

見えているもの、見えていないものそれぞれを含めて出し尽くすことから問題の本質を探る「特性」要因図には、主に以下のようなメリットがあります。

  • 課題の洗い出し、解決から先入観を排除できる
  • 問題解決の方法論や品質が安定する
  • ノウハウとして蓄積され、情報資産となる
  • 視覚化されるため問題意識を共有しやすい

物事に潜む問題点というのはさまざまな形をしているため、同じ物差しで検証するのは難しいものです。しかも潜在的な問題点になると形がないため、人によって捉え方が異なったりもします