先日、アメリカPCWorldが選ぶ2010年プロダクトベスト100が発表されました。XMindファシリテーションはHDTV、電話、PC、電子書籍リーダー、アプリケーション、デジタルカメラ、カムコーダーなどなどすべてのハードウェア、ソフトウェア、サービスの中から第50位に選ばれています。本当に、おめでとうございます。

そして最も注目すべきのは、ソフトウェアの中で最高の生産性ジャンルの第6位に選ばれたこと。私たちは、Microsoft Security Essentials、Google Chrome、Microsoft Office 2010、Adobe Creative Suite 5、Ubuntuなどと一緒に評価されることを喜んでいます。何より、マインドマッピングソフトウェアは生産性ツールとして、この重要な役割が多くの人々に認められ、利用されることはとても良いのを思います。

XMindは、これからも頑張ります。

PS:XMindv3.2.1はベータが始まりました。ぜひ、ダウンロードしてお試してください 。